生活を豊かにする階段昇降機とは

階段昇降機はどんなもの?

バリアフリーとは、高齢者や身体障害者の方が生活をする上で邪魔になってしまうものや不安に思うもの、つまり物理的、心理的な障害を取り除いてあげるという意味の言葉です。
昨今ではバリアフリーに配慮した住宅も増えてきており、段差が少なくスロープなどが多かったりと、移動に際して障害を持ったり足が悪い方も安心して暮らせるようになっています。
しかし階段まではどんなに頑張っても削ることは出来ませんよね。そこで、階段に取り付けることでフロアの移動を楽に出来る「階段昇降機」というものを知っていますか?

階段昇降機は階段にレールを取り付け、そこを電動で上階まで乗った方を運ぶ機械です。
階段型昇降機は2種類あり、椅子が備え付けられており、そこに乗って移動するタイプの「椅子式階段昇降機」と、台が設置されていて、その台の上に車椅子がそのまま乗れる「車椅子用階段昇降機」があります。
足が悪い方にとっては階段は非常に高い山のように見えるものです。そんな階段を座っているだけで楽に移動出来てしまう階段昇降機は非常に有用なバリアフリー機器だと言えるでしょう。
玄関などの段差の移動を解消する昇降機などとセットで使うことで、車椅子の方でも安心して家の中を移動することが出来るようになるため、家族で足が悪い方がいるならば、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

高齢者を助ける階段昇降機

階段昇降機という言葉、あまり耳にする機会がないかと思います。階段昇降機とは階段の昇り降りを補佐する機械であり、使用するのは主に足が不自由な人や心臓に負担が掛かる人です。設置方法として階段に昇降機が走行するためのガイドレールを用意し、それに沿って椅子、または車椅子や人を載せる台を設置します。使用する際にはこれに乗れば、ガイドレールが階段の上または下へと移動していくというものです。
高齢化社会において階段というのは高齢者を悩ませる要因になっています。外では階段の脇にスロープが設置されるようになったのがその証といえます。若者にとっても意外と階段の昇り降りというのはなかなかに苦労する時がありますが、高齢者にとってはそれ以上の苦労があります。それを助けるのが階段昇降機というものなのです。
ただしこの階段昇降機は建築基準法によって規制されており、エレベーターの一部に位置付けられています。そのため安全基準に関してはエレベーターとそう変わりなく、設置するためには申請が必要となり、設置後においても昇降機検査資格者による完了検査を必要としています。また年に一度の定期検査も必要です。ですが家庭用の階段昇降機も流通されているので、家族で必要としている人がいるならば、一度調べてみることをおすすめいたします。

福祉用具購入に関してご不明な点は、お気軽にお問合せ下さい。 定休日に関しましては日曜日・年末年始・夏季休業日となっております。 階段昇降機の設置により介助者の負担を減らしていくことができます。 介護用品のレンタルで快適な暮らしのサポートを致します。 当社は福祉用具に関する情報とお客様の視点に合ったサービスを提供して参ります。 住宅改修の事例を分かりやすく場所による写真にてご紹介しております。 階段昇降機を購入・レンタルするならスマイルケア