リフォームで設置がおすすめ

リフォームの一環として階段昇降機の設置を

私たちが普段、特に意識せずに行っている行動として階段の昇り降りがありますが、高齢者の方や身体的に不自由な部分がある方にとっては階段の昇り降りをするという行動が非常に困難と感じてしまうケースがあります。特に足腰が弱っている高齢者の方やほんの少しの運動であっても体に負担が掛かってしまう方にとっては階段の昇り降りという行動がひどく苦痛に感じてしまうこともあるのです。
また、近年では高齢者のケアを行っている施設が急増していますが、そのような施設における高齢者の方の移動でも階段の昇り降りがネックとなってしまっているケースが多いといわれています。
しかし、高齢者の方や体調の思わしくない方であっても苦痛を感じることなく楽に階段の昇り降りができる機器があります。それが階段昇降機と呼ばれる機器です。階段昇降機は階段に取り付けのできる機器で、以前からある階段に工事をすることで使用が可能になります。たとえば、ご自宅に高齢者の方がおられるような場合、リフォームの一環として階段昇降機を取り付ければ、上階と下の階の移動が困難だという方であっても椅子に座ったまま、あるいは車椅子に乗ったまま簡単に階段での移動が行わるようになります。

階段昇降機の種類や使用においての心構え

階段昇降機とは、足が不自由だったり、心臓に負担がかかる等の階段の昇降が出来ない方が安全に昇り降りする機械のことです。階段昇降機には、階段に設置したガイドレールに沿って動く「椅子式階段昇降機」と、車椅子や人を乗せる「車椅子用階段昇降機」の二種類があり、近年では予め設置する人も増えつつあります。
その中でも、エレベーターの設置がない駅で使用されている、「可搬式階段昇降機」という、後方から操作するものと、それより小型の「リフトアップ式」という、車椅子を設置したフレームやバーで動かすタイプもあり、このタイプは最も安価ですが、事故が起こりやすいことが最も問題視されました。これらは列車や旅客機の階段部分に予め設置しているところも増えつつあります。
ガイドレールの階段昇降機は建築法でエレベーターの一部とされていることから、国土交通大臣が認定している物のみ設置が許されています。設置後も、年に一度の定期検査が義務づけられています。
可搬式階段昇降機においては操作が困難であるため、操作をする者はプロからの指導を受けることが義務づけられました。
このように、階段昇降機といっても多種多様ではありますが、階段昇降機を必要とする方にとってより安全で安心して使用できる社会を目指していくことが重要だと考えます。