今利用されている階段昇降機の実情

都内の階段昇降機

階段昇降機は鉄道文化が進んでいる日本では、首都圏を中心に取り付けられているかと思いきや、意外と階段昇降機が取り付けられていないこともあります。
この場合、障害を持った方たちはどうすればよいのでしょうか。

階段昇降機なく、車いすで階段を上ることは、不可能ですよね。
まず、これを回避する方法として、1つは、エレベーターを使うというものですが、意識してみるとよくわかりますが、駅構内にエレベーターが設置されているヶ所というのは少ないことが多いです。
それは首都圏の主要駅でも多いです。
そこまでたどり着いて利用して、電車に乗るという時には、かなり時間が経っていることもあります。

そして、どうしてもすぐにホームに行かなければならないという時には、頼みづらいかもしれませんが、その近くにいる一般の人たちに「車いすをもちあげてください」などと言って頼む方法が一番速いです。
そこに運よく駅員さんがいたとしても、1人ではなかなか車椅子を運ぶことはできないので、他の人を呼ぶ必要が出てきます。
駅員さんであれば、一般の方に頼むことはあまりできないので、他の駅員さんを呼ぶ時間がかかってしまいます。
時間にちょっとした余裕があるならば、駅員さんを頼んだ方がそこまで罪悪感を感じません。

介護が必要な人と階段昇降機の話題

高齢者の階段の上り下りを改善させるには、自宅で使える階段昇降機を採用することが大切です。精神的な部分と肉体的な部分の両方を克服できる機械であるため、さまざまな場面でメリットが出てきます。特に階段の高低差は肉体的に重労働になっていくことから、介助する立場の人が慎重に判断する状態が大切です。戸建てであれば階段で運ぶ方法を真っ先に考える必要が出てくるため、介護施設で実施されているテクニックを参考にすることが重要となります。
一方デイサービスといった施設で使用されている階段昇降機は、個人用をグレードアップさせた内容が一般的です。労働者の手間が省ける工夫が至る所に凝らしてあり、階段の上り下りを安心して行える良さがかたちになっています。またエレベーターの設置が難しい施設でも階段昇降機が非常に役立っていき、手すりへ補強工事をするだけで使用が可能なタイプが流行っています。介護の分野では人手をどのようにして確保すべきかが課題となり、多様性が感じられるオプションをつけることが重要です。
利用する人たちの声を反映さえて、次世代の階段昇降機を作る動きも始まっています。狭小住宅向けの階段昇降機は、一定のニーズに好評です。